ビッチが田舎にやってきたが書店で平積みにならない理由

ビッチが田舎にやってきたはなぜ単行本にならないのでしょうか?


ビッチ!?が田舎にやってきた

煙ハクさん、チンジャオ娘さんの電子コミックビッチが田舎にやってきた。

スマホで読めるのでソファーに寝そべってゴロゴロしながら読むことも可能です。

でも紙の本で読みたいユーザーさんもいるはずです。本屋さんで立ち読みできれば
無料で読むことも可能です。

自分も高校生、中学生の頃は立ち読みできる本屋さんに行ってました。
少年マガジンやジャンプやサンデーの400円のコミックを無料立ち読みしてました。
1巻から始まって2巻,3巻、全巻無料立ち読みしたときもあります笑
今の時代ならブックオフにいけばそういうお客さんを見ることがありますね。

そんな立ち読み大好きな中学、高校時代でした。

近年では、昔からある町の書店が次々と店をたたんでいるそうです。

聞いた話ですが万引きで倒産するお店もあるそうです。

万引きで店がつぶれてしまうほど利益が少ないわけです。

紙媒体はこの20年間でばいになったそうです。そうした話を聞きますと
書店の売り上げだけを見れば上がっているのでは?
と予想される方もおられるかもしれません。

ぶっちゃけますと販売部数自体は1/4までに減少。業界全体として縮小傾向にあります。

最近ではアマゾンさんにも押されていて、国内全体では15年で
4割も減っているそうです。

そんな減る一方の本屋さんに対して電子コミックとamazonさんが登場しました。

また最近の本屋さんはジュンク堂さんにしろ紀伊国屋さんにしろ置いている
商品が似通っています。これらと比べると、電子コミックは品揃えも
使い勝手も優れています。

専用の電子書籍・雑誌リーダーだけでなくパソコンや
スマートフォン、タブレット型端末を用いたインターネット経由で
漫画や文章を読む機会が多数設けられるようになったことで、
人々の読書欲はむしろ上昇の一途にあるとの解釈もあります。

一方で紙媒体を用いた本は相対的な立ち位置の揺らぎを覚え、
多分野でビジネスモデルの再定義・再構築を迫られる事態に
陥っています。

すき間時間の消費対象の代替的存在、
スマートフォンをはじめとしたモバイル
端末の普及による影響は極めて大きいです。

現在は電子書籍、ウェブ漫画が浸透する中で、
小規模書店の閉店、コンビニでのコミック誌の
シュリンク化・棚からの撤去が続き、
紙媒体を手に取る機会が減少しています。

漫画を提供し、市場を支えていくための仕組みも選択肢が増え、
領域が広がり、これまでとは異なる発想が求められつつあります。


ビッチ!?が田舎にやってきた
ビッチが田舎にやってきた公式サイトに移動します